その他の二重まぶた

その他の二重まぶた

ここでは、基本的な二重まぶたを作るための液体上のアイプチ、テープ状のアイプチを紹介してきましたが、他にも二重まぶたを作る方法があります。それは、メザイクと呼ばれる手法です。アイプチは、まぶた同士を糊で固定する方法ですが、メザイクは伸縮性に優れた糸をまぶたに食い込ませる方法です。この方法は、アイプチを使用するより幅や大きさを自由に作る事ができ、糊などを使わないため、肌に優しい。ウォータープルーフなので、水に強く、二重まぶたが長時間持続する。

 

アイシャドウやアイライナーの乗りが良い。など沢山のメリットがありますが、デメリットもあります。二重まぶたのラインを多くすると、元に戻ってしまう事や、端の方から外れてしまう事。コストが割高などがありますが、トータル的には評判が良いそうです。気になる方は試してみてはいかがでしょうか。アイプチや、メザイクを行っても、二重まぶたにならない。という方もいます。まぶたが厚く、すぐに戻ってしまうのです。何もしてもダメ。と言う事で諦めている方も少なくありません。

 

絶対に二重まぶたになりたい。と言う人は、整形外科で二重まぶたの施術を行う方法もありますよ。コストはこの中では桁違いに高価ですが、二重まぶたに作ってしまうのでアイプチやメザイクの必要はありません。が、絶対に二重まぶたになれる保障もありません。個人差の問題で、結局は元に戻ってしまうケースが報告されています。せっかく高額出したのに結果が出ない可能性もあるので、一重まぶたに合ったメイクをするのも良いでしょう。色々なメイクコーナーで自分に合ったメイク探しも楽しいですよ。