アイプチの基本

アイプチの基本

"アイプチの基本は左右対称に二重まぶたを作る事です。左右バランスが悪かったら、せっかくのメイクも台無しになっちゃいますよね。と言っても、左右バランスよく同じ形の二重まぶたを作るのは初心者は難しいです。慣れないうちは、何度も練習して失敗を重ねてあきらめない事です。さて、アイプチをどこに塗ればよいのでしょうか。

 

塗る前に大切な事は、肌についた皮脂などをシッカリ落とす事です。アイプチは接着剤です。接着剤は、接着する場所に異物が付いていては最大の効果は発揮できません。ましてや脂分は大敵です。少しでも剥がれだすと、どんどん進行して、元の一重まぶたに戻ってしまいます。外出先で、しかも彼と一緒の時だったらヤバイですよね。必ず、皮脂などをシッカリ落としましょう。次に、付属の押さえるアイテムを使ってどの辺に塗れば理想の二重まぶたになるのか確認をしてみましょう。理想になるまで、何度も押さえて力加減や位置を把握します。塗ってしまったら後戻りできませんからね。理想の位置が決まったら、いよいよアイプチを塗ってみましょう。塗るポイントは、最初に決めた押さえるポイントを中心に5ミリ位の幅で薄く延ばしながら楕円形に塗ると良いでしょう。

 

塗る横幅は、目の3分の2くらいがベストです。そのまま半透明になるまで待ってから、押さえるアイテムで二重ラインにそっと押さえて目を開けます。その時の顔の位置として、上目使いなポジションが綺麗に仕上げるポイントです。その後は、押さえるアイテムの反対側を使い、ラインを折り込むように押さえこんで形を整えれば完成です。アイプチは、メイクの最後に行うのが基本です。"